町山智浩の「一度は観ておけこの映画」⑤ エレム・クリモフ監督『炎628』(85年・ソ連)、ベルンハルト・ヴィッキ監督『橋』(59年・西独)。『フューリー』のデヴィッド・エアー監督が影響された戦争映画。
町山智浩の「一度は観ておけこの映画」⑤ エレム・クリモフ監督『炎628』(85年・ソ連)、ベルンハルト・ヴィッキ監督『橋』(59年・西独)。『フューリー』のデヴィッド・エアー監督が影響された戦争映画。

町山智浩の「一度は観ておけこの映画」⑤ エレム・クリモフ監督『炎628』(85年・ソ連)、ベルンハルト・ヴィッキ監督『橋』(59年・西独)。『フューリー』のデヴィッド・エアー監督が影響された戦争映画。

¥216 税込

※こちらはダウンロード商品です

ComeandSee.mp3

11.1MB

エレム・クリモフ監督『炎628』(85年・ソ連)、ベルンハルト・ヴィッキ監督『橋』(59年・西独)を解説します。ブラッド・ピット主演『フューリー』のデヴィッド・エアー監督が影響された戦争映画に挙げていたのが『炎628』。1942年、ナチに占領されたベラルーシでパルチザン(抗独ゲリラ)に入った14歳の少年は、ナチス親衛隊の特別行動部隊、またの名を「移動虐殺部隊」による農村殲滅を経験する……。もう一本、『フューリー』で連合軍から祖国ドイツを守ろうとした少年兵たちを描くドイツ映画『橋』も紹介します。 (ネタバレ有・48分)

その他のアイテム